ヨーグルティンアロエ入り

ヨーグルティング宵月学園に通うきまぐれ猫部屋

2017-09

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昨日の日記は、また後日書こう。
少しの間、きまぐれに、書くかも知れないし書かないかも知れない。
すべてはその日次第に…


今朝も寝る前、少しお月見。
月凪に、声を殺して泣く

どこかに、月だけが見える場所はないのかな…


そしてごめんね、明日のナチコさん主催のPv、行けないかも…
登校はしてるかも知れないけど…
理由は、彼女に電話を掛けて伝えたいよ 今日、ここはリアル水葉のカタルシスの場になってるから
面白くないから 回れ右

幼い頃は、あなたがとてもおおきくて
必死に手を伸ばして、その腕をつかんだ

でも気付けば、あなたは白く小さく
この腕の中にすっぽり収まるようになってた


家族も孫も忘れても
私の事は覚えていてくれたよね

自分が死んだら、泣いてくれる?って
ねぇ、あまりにも悲しすぎて
あなたが私より長く生きればいいと願った


一生関わりたくなかった、大嫌いで仕方ないこの道を
進む事を決意したのは
あなたとか、ありがとうを返したい人がいたから
少しでも喜んでもらえたらいいって、おもったから
耐えることも歩くことも出来たんだよ

でも間に合わなかった
あなたは先に、いってしまった
技術だけ覚えたこの指先は、癒したい人を癒すことは出来なかった


白く光に溢れた絶望のような場所で
あなたはどれだけの孤独と戦ったのだろう
大切な人たちの顔も声も思い出すら失うほどの

さいごにすこしでも、あなたのかなしみをすいとりたかった

こころのおくが
やけただれていく


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://waterleaf.blog33.fc2.com/tb.php/92-c445fb7c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

リンク

このブログをリンクに追加する


素材屋さん



最近のトラックバック


RSSフィード



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。